宝塚第一中学校の皆さん、こんにちは。「教匠中学オリーブコース仁川校」教室長の上野です。

 県立西宮高校の学校説明会に、11月3日の文化の日に行ってきました。アクセスは、阪急甲東園駅から西へ徒歩約12分で、山手の閑静な地域に学校があります。説明会の最初には、吹奏楽部およそ70名の部員による演奏があり、感動の幕開けでした。

 県立西宮高校の大きな特徴としては、単位制ということが挙げられます。単位制は自分の興味関心に応じて、授業を選択することができます。興味関心に応じて主体的に学びたい生徒にとっては、とても良い環境だと思います。

 特徴的な授業として、課題研究というものがあります。自分の興味関心のあるテーマを調査したりフィールドワークをしたりして、レポートを作成、最終的にはポスターを作ってみんなの前で発表します。まるで大学のような授業で、学びを深めるには最適です。

 入試は、単位制普通科が、推薦入試は適性検査ⅠとⅡ、面接で、定員が160名(4クラス)。一般入試は5教科の学力検査で定員が160名(4クラス)です。適性検査ですが、Iが国語と理科と社会の問題、Ⅱが英語と数学の問題です。問題のレベルは一般入試とほぼ同じです。

 単位制音楽科は、推薦入試のみの実施で、定員が40名(1クラス)です。試験は、適性検査(楽典・聴音・視唱)・実技(副科ピアノ)・専攻実技・面接です。平成30年度は、2月15日(木)と16日(金)の2日間にわたっての入試となります。

 大学合格実績ですが29年度入試の現役のみで見ると、国公立大合格が67名、関関同立合格がのべ153名でした。普通科から大阪大学に2名、大阪市立大学に3名、神戸大学に2名、音楽科から東京芸術大学に6名も合格しています。

 部活ですが、陸上競技部・写真部・ビジネスライセンス部が全国大会に、吹奏楽部・サッカー部・バドミントン部が近畿大会に出場しています。質実剛健、文武両道の校風通り、部活も盛んです。また、6月の文化祭(県西祭)や9月の運動会にも力を入れているそうです。

 説明会の最後に、在校生同士のインタビューによる学校紹介がありました。和気あいあいとした雰囲気でした。英語と数学は少人数授業でとても良い、食堂のメニューがお手頃価格でおすすめ、校舎は自然に囲まれた場所でのびのびと学ぶことができるとのことでした。

 「教匠中学オリーブコース仁川校」では、県立西宮高校・市立西宮高校・宝塚北高校など、志望校に応じて個別に対策を行っています。高校の情報がほしい保護者の方々、志望校に向けて個別に対策をしてほしい宝塚第一中学校の生徒の皆さん、お気軽にお問合せ下さい。

 Ueno

[PR]
# by kyosyo_nigawa | 2017-11-13 10:00 | 学校情報
 宝塚第一中学校の皆さん、こんにちは。「教匠中学オリーブコース仁川校」教室長の上野です。今日は、中間テストで目標点を決め計画的に勉強したRさんの話です。

 当塾では、テスト対策WEEKの初日に目標点を決め、学習計画を一緒に立てています。Rさんは、1科目あたり前回の期末テストよりも10点ずつ、5科目で50点上げる目標を立てました。次に、前回の期末テストの答案を分析し、どういう問題で点数を上げるかを考え、学習計画を立て実行していってもらいました。

 課題は、英語の長文と英作文、数学の文章題、国語の文法、理科の実験、社会の重要語句の理解と暗記でした。当塾のテスト対策WEEKの、5日間で延べ560分(70分×8コマ)の指導では、これらの課題に重点的に取り組んでもらいました。

 結果、中間テストの5科目の点数が1学期の期末テストよりも58点アップしていました。見事目標をクリアしました。今では、Rさんはもっと点数を取りたかったと言うほど、向上心とやる気に溢れています。

 「教匠中学オリーブコース仁川校」では、中学校の問題の傾向を分析し、生徒の答案から課題を明確にし、個別に対策を行っています。宝塚第一中学校の専門の個別塾だからこそできる指導です。当塾にご興味がある方は、ぜひテスト対策を受けてみてください。

 Ueno

[PR]
# by kyosyo_nigawa | 2017-11-11 10:00 | 成績アップ
 宝塚第一中学校の皆さん、こんにちは。「教匠中学オリーブコース仁川校」教室長の上野です。今日は、中間テストで誰よりも頑張ったAさんの話です。

 当塾では、テスト対策WEEKとして5日間のテスト対策を行っています。前回中間テストでは、延べ560分(70分×8コマ)もの長時間にわたる対策を行いました。

 その中で誰よりも頑張ったのはAさんでした。テスト対策の授業だけでなく、自習を含めて毎日塾で頑張っていました。塾で勉強した時間は、1000分を超えていました。科目ごとに時間を区切って覚えるべきことを確実に覚え、質問を積極的にして苦手分野の徹底理解に努めました。
 
 結果、中間テストの5科目の点数が1学期の期末テストよりも62点アップしていました。素晴らしいです。努力は裏切らないと思いました。Aさんは今回のテスト結果が自信となり、勉強のやる気が高まりました。次回の期末テストに向けて、副教科を含めて今から勉強を始めています。

 「教匠中学オリーブコース仁川校」では、テスト対策WEEKで中学校の試験問題の傾向に合わせた対策を長時間行っています。期末テストでは副教科を含めた9科目での指導です。宝塚第一中学校の専門の塾だからこそできるテスト対策をぜひ受けてみてください。

 Ueno

[PR]
# by kyosyo_nigawa | 2017-11-09 10:00 | 成績アップ
 宝塚第一中学校の皆さん、こんにちは。「教匠中学オリーブコース仁川校」教室長の上野です。10月12日(木)と13日(金)に中間テストがありました。結果はいかがだったでしょうか。

 さて、今日は中学3年生の中間テストの分析と対策です。11月の期末テストに備えて、しっかりと今回のテストの分析と対策を行っておきましょう。

 まず、数学ですが、2次方程式が40点、2次関数が30点、その他30点の配点でした。2学期に学習した2次方程式と2次関数を重点的に勉強しておけば、高得点が取れたはずです。その他では、問8の表面積と体積、中央値・最頻値といった資料の分野、問9の確率の分野ができなかった人は見直しておきましょう。学校で配布されたプリントからよく似た問題が出題されていましたので、次回期末テストでも確実にできるようにしておいて下さい。

 次に、英語ですが、全体的に難しかったです。リスニング10問。その後に長文問題が大問で2題あり苦戦した人が多かったと思います。また、いつも通り英語の並べ替えと英作文で15問、30点分ありました。リスニング・長文・並べ替え・英作文は、高校入試の過去問などで、対策をしておくようにして下さい。文法では、不定詞の分野をもう一度復習しておきましょう。

 国語は、覚えることで得点できる問題が多かったです。問1の情報社会の話は学校の授業で習っていますし、問2の歌集、問3の和歌、問4の俳句、問5と6の文法、問7の漢字と知識問題が大半でした。和歌や俳句は学校で習った歌の内容と表現技法が問われていました。また、漢字は15点分、文法は12点分出題されていました。次回以降も、単元別漢字や文法書で取りこぼしがないようにしておきましょう。

 理科Aは、運動と力、エネルギーといった物理分野からの出題でした。思考問題が32点、実験問題が38点、知識問題が15点で、85点満点。分力や合力、等速直線運動、加速する運動、慣性、運動エネルギーと位置エネルギーが出題されていました。理科Bは15点満点で、受精や受粉といった生殖分野からの出題で知識問題が大半でした。配点を考えると、次回も理科Aに勉強時間を多く使うとよいでしょう。

 社会は、歴史が33点、公民が67点の配点でした。歴史では、第二次世界大戦前後の出来事、公民では、権利や憲法、選挙権のことが出題されていました。憲法の条文は覚えていましたか。覚えれば点数が取れるところは次回以降も確実に正答できるように、繰り返し復習し知識を固めておきましょう。授業プリントと教科書を何度も見直し、総合問題で応用力を鍛えておきましょう。

 「教匠中学オリーブコース仁川校」では、教科ごとにテスト問題を分析し、生徒ごとに個別に対策を立てています。宝塚第一中学校の専門の個別塾だからこそできる指導です。当塾にご興味がある方は、ぜひ体験授業とテスト対策を受けてみてください。

 Ueno

[PR]
 宝塚第一中学校の皆さん、こんにちは。「教匠中学オリーブコース仁川校」教室長の上野です。2学期の中間テストの結果はいかがだったでしょうか。今日は、中学2年生の中間テストの分析と対策です。11月21日、22日、24日の期末テストに備えて、中間テストの分析と対策を行っておきましょう。

 まず、数学ですが、計算問題が少なく、いつもより難しいと感じた人が多かったのではないでしょうか。問1と2が一次関数の基礎知識、問3が連立方程式、問4と問5がグラフ、問6と7が一次関数の応用、問8と9と10が文章題でした。文章題は文章の内容を理解して整理できれば式を立てて解くことができます。次回に向けて、文章題にも普段から積極的に取り組み慣れておくようにしましょう。
 
 次に、英語ですが、問1と問2が英単語、問3が並べかえ問題、問4と問5、6は長文問題、問7と問8がリスニング、問9が英作文でした。文法では、助動詞の意味をしっかりと覚えていたでしょうか。次回も、長文や英作文の対策が必要です。まずは簡単な問題集でよいですので、長文や英作文の問題を定期的に解く時間を意識的につくっていきましょう。

 国語は、今回高得点を狙えるチャンスでした。覚えると点数になる知識問題が多くありました。漢字、枕草子や徒然草の本文は事前に覚えていましたか。問1が漢字15問、問2が書き順、問3が熟語の読み方、問4が短歌、問5が枕草子、問6と7が徒然草、問8と9が漢詩でした。定期テストに関して、国語は学校で配られるプリントや教科書を理解して、覚えるべきことを覚えておけば高得点が狙えます。

 理科は、理科Aが電流と回路の分野、化学変化の分野から80点分、理科Bは感覚器官の分野から20点分の出題でした。理科Aは、科学的思考が28点、実験・観察が34点、知識・理解が18点の配点でした。実験・観察では、直列回路と並列回路の違いを理解しておく必要がありました。学校でやった、あるいは教科書に掲載されている実験・観察の問題はテストでの配点が大きいですので、次回以降もチェックしておきましょう。理科Bは、感覚器官の各部の名称を覚えておくと点数が取れる問題でした。

 社会は、人類の起こりから平安時代までの歴史分野からの出題でした。問1と2が歴史の流れ、問3が5世紀頃の朝鮮半島の様子、問4が縄文時代、問5と8が資料、問6が古代文明、問7が飛鳥・国風・天平文化でした。歴史は、ただの暗記科目ではありません。どんな出来事があってその結果どうなったかという流れを理解しておく必要があります。教科書を熟読して、流れをつかむようにしましょう。また、資料にも目を通しておくようにしましょう。

 「教匠中学オリーブコース仁川校」では、教科ごとにテスト問題を分析し、生徒ごとに個別に対策を立てています。宝塚第一中学校の専門の個別塾だからこそできる指導です。当塾にご興味がある方は、ぜひ体験授業とテスト対策を受けてみてください。

 Ueno

[PR]