9月実力テストを終えて

 宝塚第一中学校の皆さん、こんにちは。「教匠中学オリーブコース仁川校」教室長の脇尾です。9月5日に夏休み明けの実力テストがありましたね。結果はいかがでしたか?

 中学3年生は11月にも実力テストがあります。そこで良い結果を出して第一志望校に合格できるという自信をつけるためにも、しっかりと今回のテストの分析と対策を行っておきましょう。

 国語 文章題が大問で2題(論理的文章と文学的文章)でした。今回は記述問題も選択問題等と配点が同じでしたが、今後、記述問題の配点が高い問題も出題される可能性がありますので、答えで使う箇所には傍線を引くなどして、問題に合わせて、抜き出したり、うまくまとめられるように練習しておきましょう。決して空欄にはしない様にしましょう。大問1の文章題には俳句も織り込まれていて内容の濃い問題でしたね。他には、詩では表現技法、文法では品詞名や動詞の活用、漢字では部首名や3字熟語などが出題されていました。しっかりと知識を整理しておきましょう。

 社会 地理が46点、歴史が52点、最近の話題2点の配点でした。地理では雨温図、地形図、グラフや表からの読み取りや時刻を求める問題等、多岐に渡って出題されていました。覚える事が多いですが、それぞれの国や土地の位置や歴史と合わせて考えると理解しやすいでしょう。歴史では、日本や中国の年代を漢字に直して年代順に並べたり、中世から近世までの出来事など幅広く出題されていました。歴史は当時の様子を想像しながら、そして次に何が起きていくのか推理しながら、楽しく覚えていきましょう。

 数学 計算問題・図形の角度・有効数字・連立方程式の文章題・関数とグラフ・証明問題・確率・空間図形・規則性と各分野から出題されていました。苦手分野がある場合は重点的に復習しておきましょう。また図形の角度を求める方法や規則性等、数学にはヒラメキが不可欠だと私は思っています。それを得るためには、多くの問題に出会うことです。それと、もう既にされている生徒も多いと思いますが、面倒がらずに図形やグラフ・表に既に分かっている事や求めた数字等をドンドン書き込んでいく習慣をつけて下さい。必ず何か見えてきますよ。

 理科 顕微鏡やガスバーナーの使い方、電圧計の読み取り方等の基本問題・植物・動物・水溶液・化学変化と原子、分子・光・音・電流・鉱物・天気と満遍なく出題されていました。大問2では、「探査機ハヤブサ」の話題を取り上げており、一瞬「わー難しそう」と感じた生徒もいるのではないでしょうか?しかし、よく見ると、その文章は熟読しなくても十分に問題が解けます。これからは、こういった話題を取り上げた問題が増えてくると思われますので、びっくりせずに落ち着いて取り組んで下さいね。

 英語 言語40点、長文問題とリスニング50点、英作文10点の配点でした。長文に苦手意識を強く持っている生徒もいるかと思いますが、簡単な文章で書かれており、内容を理解するのはさほど難しくはありません。しかし、大切な文法がたくさん盛り込まれているので、しっかりと文法の基礎知識を習得しておく必要があります。また高得点を狙うには英作文や言葉の並べ替えは確実に完成させましょう。単語力、文法力共に身につけましょう。

 以上、大変長くなりましたが、生徒の皆さんに少しでもお役に立てたなら幸せです。

 「教匠中学オリーブコース仁川校」では常に対策を立てた学習指導をしています。試験後は必ず間違えた問題は理解できるまで繰り返し指導します。教科ごとにテスト問題を分析し、生徒ごとに個別に対策を立てています。宝塚第一中学校の専門の個別塾だからこそできる指導です。またすぐに中間テストが始まりますね。当塾では、10/7(日)~11(木)は5日間連続で中間テスト対策を行います。この期間は、受講科目だけでなく、5科目全ての指導を受けることができます。(期末テスト対策では9科目全て)

 興味のある人は、是非、無料体験授業を受けてみて下さい。一緒に志望校合格を目指しましょう!

 Wakio

[PR]