<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 宝塚第一中学校の皆さん、こんにちは。「教匠中学オリーブコース仁川校」教室長の上野です。昨日、1学期の終業式を終え通知表が返ってきましたが、結果はいかがだったでしょうか。良かった教科は自信にしてさらに実力を伸ばし、悪かった教科は弱い部分を今後克服していきましょう。

 そのために最適な期間は、夏休みです。夏休みは学校の授業がありませんので、じっくりと腰を据えて勉強に取り組むことができます。当塾では、7月31日から8月31日までの期間(お盆休みあり)、夏期講習を実施します。この夏に挽回して2学期に通知表の成績を上げたい一中生は是非受けてみてください。まずは短期集中のお試しで、夏期講習のみのお申込みでも大丈夫です。

 「教匠中学オリーブコース仁川校」は、宝塚第一中学校の生徒だけを対象とした個別指導塾です。中学校の各部活の日程を把握していますので、部活の日程を考えた上で夏期講習の授業を組んでいます。私たちは部活と両立して勉強を頑張りたい一中生も応援しています。

 また、個別指導塾ですので、講習会の授業内容は一人一人の学習状況や苦手単元に応じて組み立てています。たとえば、数学の苦手な中学2年生でしたら、2講座(1講座は70分×4回)で1年生の正負の計算、文字式と文章題、比例・反比例、作図・空間図形、資料の復習をして、さらに2講座で2年生の1学期の復習をします。他の教科に関しても一人一人に応じた内容で1回1回の授業が考え抜かれた授業だからこそ、しっかりと力を伸ばすことができるのです。

 宝塚第一中学校の生徒さんは、今日から夏休みに入りました。「教匠中学オリーブコース仁川校」の夏期講習では、夏休みを充実したものにしてもらうために、教室長をはじめとした講師が、一人一人の成績向上のためにベストな授業を提供しています。

 ■ 夏期講習のご案内|教匠中学オリーブコースWEBサイト

 Ueno

[PR]
by kyosyo_nigawa | 2017-07-21 14:00
 宝塚第一中学校の皆さん、こんにちは。「教匠中学オリーブコース仁川校」教室長の上野です。13日(木)の朝は、夙川学院高校の学校説明会に吉野先生と出かけてきました。

d0357648_18165257.jpg

 まず、夙川学院高校の場所ですが、夙川にはありませんので、ご注意ください。ポートアイランドにあります。2016年に男女共学化とともに、今の場所に移転してきました。アクセスは、仁川から阪急電車で西宮北口を経由して、神戸三宮まで。そこからポートライナーで、みなとじま駅下車、徒歩約10分です。

 コースは、4コース制です。アカデミック(特進)コースリベラルアーツ(総合)コースプリスクール(短大進学)コースグローバルアスリート(体育)コースです。

 アカデミックコースは、英語や理数科目を中心とした学力の習得・向上をめざします。リベラルアーツコースでは、基礎学力向上から大学進学まで生徒に合わせた指導がされています。プリスクールコースは、夙川学院短期大学児童教育学科へ内部進学します。短大は、保育資格・幼稚園教諭二種・小学校教諭二種の免許の取得ができる兵庫県唯一の短大です。グローバルアスリートコースは、実技試験が重視されます。強化指定クラブは、柔道・空手道・ハンドボール・テニス・体操競技(すべて女子のみ)で、全国レベルの実力です。これらの競技で全国をめざす生徒におすすめです。

 夙川学院高校の特徴で「多様性の中での学び」という点が気になりました。アジア太平洋諸国の中学、高校との長期(1年間)や短期(数週間)の交換留学プログラムが充実しています。アメリカ・カナダ・オーストラリア・インドネシア・ベトナム・ネパールの学校との交換留学を行っています。アメリカ・カナダ・オーストラリアの高校生が夙川学院に短期留学でも来ますので、多様性の中での学びが可能です。

 今日は、今年に赴任してきた学校長の話が中心でした。グローバルな人材を輩出していきたいとのことでしたが、取り組み自体はこれからですので、今後の具体的な動きに注目です。また、経営がオーストラリア初の私立大学のボンド大学の日本事務局になったそうです。しっかりとした組織ですので、生徒を預ける保護者様にとって安心材料のひとつかも知れません。

 学校説明会の後に、校舎を見学しました。まるで大学のキャンパスのような近代的な建物でした。廊下は吹き抜けで教室は明るく清潔感あふれて、コンピュータ室や被服室、音楽室などどれも綺麗でした。食堂は、一面ガラス張りで青空が広がっていました。海辺に近く緑が豊かで、開放的な場所でのびのびと学ぶには最適だと思いました。また、図書館は1万冊以上の本や資料があり、なおかつ近くの兵庫医療大学や神戸女子大・短大、神戸学院大の図書館も使えるとのことでしたので、学びを深めるにはとても良い環境だと思いました。

 最後に、オープンスクールが8月27日(日)と9月9日(土)の10時から開催されます。夙川学院高校に興味をもった宝塚第一中学校の生徒は、申し込んで参加してみて下さいね。

 Ueno

[PR]
by kyosyo_nigawa | 2017-07-13 14:00 | 学校情報
 宝塚第一中学校の皆さん、こんにちは。「教匠中学オリーブコース仁川校」教室長の上野です。4日(火)の朝は、武庫川女子高校の学校説明会に吉野先生と出かけてきました。

d0357648_17400957.jpg

 まず、今年度入試の変更点としましては、募集人数が500名から480名(40人×12クラス)となりました。また、3コース制から2コース制へと変更になりました。従来のSS(スーパーサイエンス)コースがCS(創造サイエンス)コースに、従来のSE(スーパーイングリッシュ)コースがCG(創造グローバル)コースのSE系に、従来のI(インテリジェンス)コースがCG(創造グローバル)コースのI系になりました。教育内容に関しては従来とあまり違いはありませんが、時代を見越して「創造力」ある人材の育成という点を押し出していきたいのだと思います。

 武庫川女子高校の特徴としては、グローバル女子理系女子がキーワードでした。まず、グローバル女子ということで、言語・文化教育に力を入れています。ネイティブによる英語の授業が多くあり、英語の4技能を伸ばしたい人にとって良い環境です。実際、高校3年生で8割を超える生徒が英検2級を取得しています。また、SE系では留学生と一緒に学ぶ授業があり、I系では選択で韓国やフランス、中国文化を学ぶこともできます。さらに、2年次にはニュージーランドでの英語研修があります。協定校との交換留学制度もあり、3~4週間で約20万~25万円と大変お得です。外国で積極的に学びたい人におすすめの高校です。

 次に、理系女子ということで、武庫川女子高校は理系にも強いイメージです。実際、科学研究や理数教育を重点的に行うSSH(スーパーサイエンススクール)として11年間の実績があります。その実績をもとに、CSコースでは、大学や企業などで科学実験を行いレポートの作成をしたり、約20ものテーマに分かれて研究活動を行ったり、理系英語の時間では英語で論文を作成する力をつけたりしています。また、附属の大学には食物栄養学科や薬学科、看護学科もありますので、将来を考え理系の道に進みたい女子におすすめの高校です。

 武庫川女子高校といえば、内部推薦制度があるのが1番の強みでしょう。高校3年間の成績により、武庫川女子大学または短期大学部への進学が認められています。実際に、平成28年度の内部進学者として、314名が大学へ26名が短大へ進学しています。内部進学率が80.2%ですので、附属の大学や短大に進学したい方へとてもおすすめの高校です。宝塚第一中学校の校区から通学するにしても、阪急西宮北口駅から直行バスが出ており約20分の距離ですので比較的通いやすいと言えます。

 Ueno

[PR]
by kyosyo_nigawa | 2017-07-04 15:00 | 学校情報